忍者ブログ
ROCK/FOLK/BLUES/3人のバンチョーからなるアコースティック・ギター・ユニット☆ 洋楽のカヴァーを中心に、お洒落でお気楽な音楽活動を展開中!!
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

久しぶりだなぁ、ブログに向かうの。
なんかとってもいろいろな事に惑わされて、暗闇にうごめくゾンビのような毎日だ。
でもやっと少しだけ明かりが見えてきた。理由は特に無いのだろうけれども、そんな気がする。
これもひとつの波でまた上がったり下がったりしながらこうして生きていくんだな。

先日某TVで、エコロジーに関する番組を3夜連続でやっていた。
最終日は「えこうた」といって、いろんなアーティストがたずさわった音楽仕様の番組だった。
「エコ」は難しいよな。
番組の中でもいろいろ気になった。
四万十川の上流の沈下橋の上で、一青 窈さんが歌っていた。
バイオリンやチェロのストリングス4人、アコギ1人、ピアノ1人の編成だったが
沈下橋の上にわざわざピアノを置くために、トラックやクレーンを使ったんだよね。
簡易なエレピでも良かったんじゃないか…とか
また新宿御苑では、元ちとせさんの唄の演出に、キャンドル・アーティストが登場して
暗いステージに100灯ぐらいの大小キャンドルが灯されていた。
素敵な演出だなと思う反面、燃やされた二酸化炭素はどうするんだ?と考えたりして
「エコ」なんて言いながら、やっぱり自分に(自分達に)都合のよいようにやってるよって感じてしまった。

僕の友達のミュージシャンには、缶ビールを買わない人がいて、瓶ビールを買って呑んでいる。
彼は、空き缶のリサイクルには否定的で、缶のリサイクルには実は膨大なエネルギーや費用がかかっていて、リサイクルをさせないほうがエコロジーなんだって言っていた。

細かいようだが風呂の残り湯を洗濯機に使うのだって、どうかと思う。
手でくみ出して使うのだったらいい。
だけど電動式のポンプでウィン・ウィン言わしながら電力を消費している。
残り湯の利用と電力消費は適切なバランスをもっているのだろうか?これははたしてエコなんだろうか?

とりあえずこんなことに食いついて話題にしているだけでも、番組の意図は達成できたのかなあ?


tukihagi.jpg



 パッチワークのような道路。
 なんでこうなっているんだろう?



    By Bluesバンチョー
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新記事
最新CM
[11/11 フォーク番長]
[11/11 ロック番長]
[11/11 ロック番長]
[09/27 ロックバンチョー]
[06/11 yama]
最新TB
プロフィール
HN:
bancyouzu
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]